住みたい街, 建売住宅

東京の住みたい街・東京都中野区の中野坂上

東京都心界隈で、山手線の外側での住みたい街のナンバーワンと言えば中野坂上が一番の推薦地です。 中野坂上と言えば先ず、都会的に浮かんでくるのが青梅街道を経て新宿中央公園や都庁舎で超高層の眺めながらカフェ、レストランで一服するもの良いところです。

ところで中野に関してチョット調べてみたのですが、中野という地域には寺院やお寺、神社が非常に多いところなんですね。 何でも中野区内だけでも50箇所以上ものお寺、寺院が有るのですが、皆さんは寺町と言うのをご存知です、実はこの町内の中には沢山のお寺や神社が集中している場所なんですね。

例えば中野区の場合ですと、明治時代からあったものが更に、大正時代の関東大震災によって都心部から郊外へ移転させられたからだそうです。 お寺の有る街並みというのは、京都のように(京都は八百八寺ともいわれます)独特の町並みが形成されて、不思議と気持ちが落ち着きます。

勿論、中野坂上駅周辺は、大いに発展を遂げて近代的な商業ビルや施設も立ち並んでいますが、一歩郊外へでると優しい雰囲気の庶民的な街並みや商店街が其処、かしこに見受けられるところでもあります。 勿論、お寺が多いということで緑地帯も多く存在していて、住環境としては申し分ないところといえるでしょう。

PR|住みたい街で新築戸建てを購入

建売住宅

立地で選んで建売住宅という選択

建売住宅はその最大の魅力は「立地条件」だと思います。やっぱり建売住宅は立地の良いところに建っていることが多いですから。ですから「注文住宅で建てたいけどー」と、憧れの注文住宅か立地の建売住宅か決められない人もいるほどですからね。

やはり子供のことを考えますと、立地が良いのが一番ですから。いくらこだわりの注文住宅が建てられるとはいえ、子供の通う学校から離れ過ぎていますと、通うの自体も大変ですし、放課後に子供の友達があそびにきてはくれませんからね。

ですからやはり子育てのことを考えるとまずは立地で選ぶ人がいるのもうなずけます。そして、最終的に建売住宅に決めることとなったりするのですよね。しかしそれでもいいと思うんですよ。建売住宅にもメリットはいくつもありますからね。

そりゃあ注文住宅よりも健在が安っぽいなどの気になる点はありますけれど、しかしなにより「立地がいい」ですからね。立地がいい建売住宅は何ものにも代え難いものがあり、そして結局「建売住宅を購入する」という選択になるのです。